マハヴァター・ババジは、パラマハンサ・ヴィシュワナンダのグルであり、アートマ・クリヤ・ヨーガの霊的系譜のパラムグル(最高位のグル)であり、アートマ・クリヤ・ヨーガの源泉です。彼がパラマハンサ・ヴィシュワナンダのもとに現れたのは、スワミジが5歳の時です。そこで幼き少年に、彼が本当は誰なのかを垣間見させました。

マハヴァター・ババジは、地球上の全てのグルのグル、教師たちの教師です。彼はとても穏やかで、優しく、とりわけとても、とても謙虚で愛に満ちています。

パラマハンサ・シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ

不死身のヨーギ

マハヴァター・ババジは、ヒマラヤに住む不死身のヨーギであり、5,000年前に姿を現しました。彼は、シュリ・クリシュナご自身に他なりません。彼はいつも、1つのことを教えています。彼が神を実現したのだから、私たちにもそれができる、ということです。

ババジの性質は、比類なきものです。彼は時間と空間を超越し、愛と平和の波で人類を休まず祝福し、グルたちが仕事を全うするのを助けています。霊性の分野における彼の影響は絶大です。しかし、彼の無限の謙虚さゆえ、マハヴァター・ババジは公には姿を現さないことを決めました。彼はそれよりも、自身の弟子が世に知られることを望んでいます。

Mahavatar Babaji, Bhakti Marga

クリヤ・ヨーガの父

マハヴァター・ババジは時代を超え、それぞれの時代のニーズに合わせた、多くのさまざまなヨーガ・テクニックや教えを世界に伝えてきました。そして今日の世界のために、彼はアートマ・クリヤ・ヨーガを伝えました。世界を生きる人々を支え、彼らが無条件の愛を表し、内なる神に気づく助けとするためです。あなたが、アートマ・クリヤ・ヨーガを学ぶ時、彼はいつもあなたのそばにいて、あなたを導き、祝福し、愛すると、マハヴァター・ババジは約束しています。